比較して選びたい多摩にある霊園

多摩には複数霊園があり、その中から条件面や予算など考慮した上で霊園を選ぶということになるのですが、初めてこういった事に関わる方は何をどのようにすればよいのか分からない事も多いでしょう。そこでまずはお墓の基本的な知識を学び、その上で多摩での霊園を選ぶようにして下さい。お墓を持つ為には檀家になり寺にお墓を持つか、過去の宗旨や宗教に宗派などが不問とされているお寺へといき、その寺院の宗派に属した上でお墓を持つか、どの宗教でもそのまま入れるというお墓を持つかという選択肢になってきます。もしくはお墓を持つのではなく納骨堂へ納めるという方法もあります。お墓を持つという事は墓守となり、末代までその墓を守っていかなければならないのですが、名義人となっていた方が亡くなってしまった場合は、祭祀の主宰者がお墓を継ぐという必要がありこの事を承継と呼びます。

少子化が進み最近増えているのが永代供養墓

お墓の承継は本人が次の承継者を指定するか、慣習などによって承継される事が多いのですが、昨今は少子化などにより継承できる人がいないというケースも多々あるというのが現状です。このような背景を元に最近テレビCMなどでも見かけるのが永代供養のお墓です。これは一定期間お墓を存続してから期間経過後にも継承者がいないという場合に、集合墓にするという方式かもしくは最初から合祀の形態での永代供養墓があります。多摩の霊園の中でも様々なタイプがありますので、そういった点についても条件の一つとして考慮するようにしましょう。いざお墓を建てようとなった時に費用がどのくらいかかるのかという点については、先ず墓地使用料に墓石工事費に年間管理料に入檀料がかかってきます。また、広告などにある表記の一区画何万円からというのは、墓地使用料を示している場合が多いので参考にして下さい。

比較方法は条件により変わってくる

そこまで基礎知識を学んだところで、多摩の霊園を比較する方法ですが多摩に限らずいくつかの比較方法があります。一つ目は平米単価別で霊園やお墓を比較するという方法です。これは予算に合わせて一平米の単価別で比較する事が出来る方法なので、予算があまりないので出来るだけ抑えたいと思っている方にオススメの方法です。次の方法は、設備やサービス内容で比較するという方法になります。例えばバリアフリー重視でお墓を探したいや、法要施設も霊園内にある方がいいなど、施設の充実を求める方にオススメの方法で、霊園に足を運ぶ方の多くが高齢者の場合はそういった条件面を重視した探し方が良いでしょう。他には清掃やメンテナンス、植物の手入れなどがきちんとされているのか等はどの比較方法にも限らずしっかりとチェックした方が良いです。大切な先祖をお預けするのですから安心して任せられる霊園を選びたいものです。

お墓のディティールが気になる方は、まずは資料をお読み下さい。 お墓を自宅の近くに引っ越したいという方向けの情報ございます。 長い目で見て”将来も安心”のバリアフリー平坦区画を備えた墓地を取り扱っております。 当社は確かな技術とアフターサービスに基づいた「心のお買い物」、お墓づくり・墓地選びをご提供しています。 多摩エリアで霊園をお探しなら「美郷石材」へご相談を