折込チラシ情報ナビゲーション

知らないと損をする!折込チラシに関する詳細について書いてます。

折込チラシを配布する費用と地域の関係

折込チラシを作成するとなると、もちろん料金は発生する事になります。無料ではありません。またチラシを配布する際にも、料金が生じるわけです。それで企業担当者としては、料金を気にしている事が大変多いです。会社で利用できる予算にも、限界が存在するからです。ところで折込チラシの配布料金は、地域と大きな関連性があります。基本的には、拠点地域からの距離に左右されることになります。例えば折込チラシを作成する企業のオフィスが、東京地域にあるとします。それで東京エリアで配布する場合、トータル料金が4万円だとします。それに対して千葉で配布する場合は、43、000円などの具合です。拠点である東京エリアから、少し距離が離れているからです。さらに遠くなれば、より多くの料金がかかることになります。このようにチラシと配布地域との間には、密接な関連性がある訳です。

折込チラシのサイズと費用との関係

折込チラシには、様々なサイズがあります。そもそも用紙にしても、多彩なサイズが存在する事は間違いありません。A4サイズもあれば、B3やB5など多彩な種類が存在するわけです。ところでチラシを作成する場合、料金が生じる事は間違いありません。無料ではない訳です。さらにチラシ作成を用いて販促活動を行う会社としては、外注しているケースがほとんどです。自社でプリントするとなると、それなりに大きな手間と時間が必要だからです。それで外注費用は、上記で述べたサイズと大きな関連性があります。基本的には、サイズが大きめな用紙となると、かかる費用も高めになる傾向があります。B4サイズならば8、000円台ですが、B3ならば9、000円台などの具合です。したがって販促活動を目的にチラシを作るならば、サイズ剪定などは重要なポイントになってきます。

折込チラシと販促活動のタイミングのメリット

販促活動を行う時には、タイミングは重要なポイントになります。的確なタイミングで宣伝を行わない事には、忘れられてしまうリスクがあるからです。例えば、8月などにイベントが行われるとします。それに関する販促活動を行いたい時などは、タイミングが大切です。8月に先立って、6月などに宣伝を行う選択肢もあります。しかしそこまで早いと、人々の記憶から忘れ去られる可能性があります。6月時点では印象に残っても、8月の段階では忘れられてしまう可能性もある訳です。ところが折込チラシでは、的確なタイミングで配布する事ができます。6月などでなく、イベント直前の8月などに配布する事も可能だからです。他の販促活動では、それが少々難しい場合があります。WEB媒体などでは、タイミングを見計らうことが難しいケースもある訳です。タイミング良く宣伝可能なのは、折込チラシの大きなメリットと言えます。