多摩にある霊園の費用相場について

亡くなった人を弔う場所として霊園を利用する人は多いことでしょう。ある調査によると東京都でお墓を持とうとすると全国平均より50万円ほど費用が多くかかるそうです。霊園の運営は公営と民営および寺院墓所に分類されます。公営は東京都が運営しており一区画の面積が民営に比べて広いと言われており、費用が高額になると言われています。多摩地区にある公営霊園の使用料の相場は、150万円代からと言われています。東京23区内の霊園に比べると高くはないようですが、著名な人のお墓もあり人気が高いため、区画を確保するにはかなり高い倍率の抽選に当たらなければなりません。これに対して民営では一区画の広さは予算に応じて選ぶことができ、100万円を切る費用でも利用することが出来ます。寺院墓所については200万円代から利用できるようです。

多摩で霊園を選ぶなら地元石材店に聞け

霊園を利用する際には、霊園の使用料および墓石代とその施工代が必要となります。霊園の使用料とは、いわゆる土地代で霊園の立地や区画の広さなどに左右されます。画一的な公営霊園に比べて予算に応じて広さを選択できる民営霊園の方が安く済む傾向にあります。墓石代というのは墓石の材質により値段が異なっています。数十万円から数千万円とその幅は大変大きいです。墓石にデザインを施したり霊園に設置したりする費用がプラスされます。これらを踏まえて多摩地区の霊園にお墓を建てる場合は、はじめに霊園の場所を決めて、その後石材店を決めると良いでしょう。その際は地元で実績のある石材店を選ぶとお墓自体だけでなくどのような霊園を選ぶと良いのかなどのアドバイスを聞くことができ、良い比較材料を得ることが出来るでしょう。

多摩でも多様化する霊園のニーズ

霊園と一口に言ってもその形態は様々です。民営の霊園では宗教や宗派は問われないことが多いですが、石材店を指定されることがありますので注意が必要です。寺院墓所ではその寺院の檀家になっていることが霊園を利用する条件になっていることが多いです。また最近では墓石を建てるのではなく納骨堂を利用するという人も増えています。墓石を持たなければその分費用を節約することが出来るという点が最大のメリットです。多摩地区にもこうした納骨堂形式の霊園が増えているようですし、樹木の下に合同で埋葬する形式やペットと一緒に入れることなどを売りにした霊園など様々なニーズに応じた霊園が登場しています。単に費用面だけで霊園を決めるのではなくお墓に入る本人の意向を尊重する形で霊園を決めるケースも増えてきているようです。