多摩の霊園選びのチェックポイント

お墓には、寺院にある墓地や公営の霊園や、民営の霊園など3つがあります。寺院墓地はお寺が管理しており、公営霊園は自治体の管理、民営霊園は民間企業の管理とされています。近年では年間管理料が安い公営霊園が人気です。多摩にある多摩霊園は東京ドーム27個分の広さで、1923年に開園されており長い歴史があります。付近には公営の公園がいくつかあり、木々に囲まれた緑多い霊園となっています。多磨霊園にはソメイヨシノが1600本も植えられていて、花見スポットとしても人気となっています。交通機関などのアクセスも良く、多摩地域では多磨霊園が最も有名な墓地として応募が殺到しています。多摩にもいくつかの霊園が存在するため、値段や土地の大きさ、アクセスなども考慮して選ぶことが必要です。お墓は承継されていくものであるため、家族でしっかりと話し合いましょう。

霊園を選ぶ際に知っておきたいこと

多摩でも霊園や墓地により受け入れられる宗教や宗派があるため、自身の宗教は霊園に適しているか確認する必要があります。宗教等は家系により継承されていくものであり、家族で決定していくことをおすすめします。年に数回はお参りに行くため、交通機関などを調べアクセスがよいところや、自宅からの距離などを考慮することも大切です。購入の際には予算をしっかり考えましょう。墓石代の他にも永代使用料や管理費、お布施なども必要のためあらかじめ内訳を確認して、かかる費用を把握することが必要です。また、墓地の環境としては日当たり、風通し、水はけのよいところをおすすめします。周辺環境や設備を知ることも重要です。駐車場や休憩所が設置されているところもあります。最近ではバリアフリー化されている霊園も多くあります。自身がお墓に行けなくても管理者が常時されているとお墓の清掃などの管理を任せられる場合もあるため、管理者の有無も大切です。

墓地と霊園の特徴と違いについて

霊園と違い寺院墓地にはいろいろな制限が多いため、近年では制限が少なく、安くてきれいな霊園が人気となっています。霊園にも公営霊園と民営霊園があります。公営霊園は自治体が運営しているため継続性は安心です。公営霊園は価格や管理費が低く、生活圏に近いところが多いため人気が高く、倍率が10倍を超えることもあります。そのため、お墓が必要な時に手に入らないことがあると他の墓地を探さなくてはなりません。民営霊園は比較的購入しやすいですが、民間企業が管理しているため継続性の面では一番リスクがあるといえます。お墓の形状等の制限が少ないことや区画がゆったりとしていることが特徴です。場所によって変動はありますが、公営霊園に比べると価格や管理費が高くなっています。法人が倒産してしまうとお墓の継続が難しくなることも考えられます。多摩でお墓を購入する際はそれぞれの特徴をふまえ、選択することが必要です。